【産業天気図・半導体】DRAM価格が再び2ドル台割り込み07年度後半は「曇り」。08年度前半はビスタ本格化で「晴れ」か

半導体の07年度後半は「曇り」、08年度前半は「晴れ」と予測する。
 07年度後半は、パソコンによく使われる記憶装置のDRAMの流通在庫がだぶつき、一般的なDRAMである512メガバイトのDDR2(ダブル・データ・レート・ツー)の価格が再び2ドル台を割り込む一方、携帯端末に主に使われる記憶装置のNANDフラッシュメモリは品薄感が強く、価格も高水準を維持している。
 DRAM関連では、国内唯一のDRAM専業メーカー、エルピーダメモリ<6665>は減収減益を避けることができなさそう。ただ、同業他社が第1四半期に大幅な営業赤字に陥った中で、エルピーダはしっかりと営業黒字を確保している。コスト競争力が明らかについてきている証拠だろう。
 DRAMメーカーの設備投資先延ばしは、各半導体製造装置メーカーに影響が出てきそうだ。ウエハ切断・研削・研磨装置メーカーのディスコ<6146>、半導体のエッチング装置世界最大手の東京エレクトロン<8035>、測長SEM大手の日立ハイテクノロジーズ<8036>などで業績の先行き不透明感が高まっていると言えよう。検査装置メーカーのアドバンテスト<6857>にも影響が出てくるかも知れない。
 DRAM関連の苦境を後目に笑いが止まらないのは、NANDフラッシュメモリの関連会社だ。特に、NAND製造世界2位、半導体全体でも世界4位の東芝<6502>は、NAND価格の高止まりにより第1四半期のNAND事業が絶好調のほか、部材であるDRAMの価格下落でノートパソコンも息を吹き返してきた。DRAM価格の下落とNAND高騰の現状は、東芝の業績にとってダブルで強い追い風となっている。
 08年度前半には、米マイクロソフト社の新OS(基本ソフト)「ウィンドウズ・ビスタ」が発売から1年経過することになる。製品的にもこなれて、法人需要がようやく盛り上がりそう。DRAM投機筋の動きには警戒が必要なのはいつものことだが、2ギガバイト以上のDRAMを搭載したパソコンがビスタの最適な動作環境とされているので、08年度前半にはDRAMにも品薄感が出てきて、価格面でも本格回復を遂げるかも知れない。
【山田 雄一郎記者】

(株)東洋経済新報社 四季報オンライン編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。