新日鉄の大分製鉄所で過去最大の鉱石船受け入れ、港湾インフラの潜在力を確認

新日鉄の大分製鉄所で過去最大の鉱石船受け入れ、港湾インフラの潜在力を確認

国内高炉最大手の新日本製鉄は、日本が過去に受け入れてきた鉱石船としては最大船型となる40万t級大型船(通称VALE MAX)を、大分製鉄所で試験的に受け入れたと6月18日に発表。国内製鉄所で最深の港湾を誇る大分のインフラ能力を確認した。

今回試験的に受け入れた大型鉱石船は、世界最大の鉄鉱石サプライヤーであるブラジルのヴァーレ(VALE)社が運航する40万t級大型船、「VALE MAX」。正式な船名は、ベルゲ・アコンカグア(写真)。載貨重量38.8万t、全長360m、型幅65m、満載喫水23m。2012年3月に竣工し、今回が処女航海となる。 

国内最深を誇る大分製鉄所では、これまで「ぶらじる丸」など30万t級大型船の受け入れはしてきたが、今回のような40万t級は初めて。受け入れに当たって、新たな浚渫などはしておらず、そのポテンシャルの高さを確認した。

今回ブラジルから48日間かけて到着しているように、距離の近いオーストラリア産に比べ、同国産の鉄鉱石の運送には、大型化による積載効率の向上が課題。今回は試験受け入れとなるが、大分を第1寄港地として荷を下ろし、喫水線を下げてから、名古屋や、住友金属工業の和歌山などを第2寄港地にすることも可能になる。大分の港湾インフラの高さは今年10月に住金と合併してできる新会社・新日鉄住金の武器にもなりそうだ。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。