新日鉄の大分製鉄所で過去最大の鉱石船受け入れ、港湾インフラの潜在力を確認

新日鉄の大分製鉄所で過去最大の鉱石船受け入れ、港湾インフラの潜在力を確認

国内高炉最大手の新日本製鉄は、日本が過去に受け入れてきた鉱石船としては最大船型となる40万t級大型船(通称VALE MAX)を、大分製鉄所で試験的に受け入れたと6月18日に発表。国内製鉄所で最深の港湾を誇る大分のインフラ能力を確認した。

今回試験的に受け入れた大型鉱石船は、世界最大の鉄鉱石サプライヤーであるブラジルのヴァーレ(VALE)社が運航する40万t級大型船、「VALE MAX」。正式な船名は、ベルゲ・アコンカグア(写真)。載貨重量38.8万t、全長360m、型幅65m、満載喫水23m。2012年3月に竣工し、今回が処女航海となる。 

国内最深を誇る大分製鉄所では、これまで「ぶらじる丸」など30万t級大型船の受け入れはしてきたが、今回のような40万t級は初めて。受け入れに当たって、新たな浚渫などはしておらず、そのポテンシャルの高さを確認した。

今回ブラジルから48日間かけて到着しているように、距離の近いオーストラリア産に比べ、同国産の鉄鉱石の運送には、大型化による積載効率の向上が課題。今回は試験受け入れとなるが、大分を第1寄港地として荷を下ろし、喫水線を下げてから、名古屋や、住友金属工業の和歌山などを第2寄港地にすることも可能になる。大分の港湾インフラの高さは今年10月に住金と合併してできる新会社・新日鉄住金の武器にもなりそうだ。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT