小型商用車のシェア奪回へ、日産が“異例”の発表会

小型商用車のシェア奪回へ、日産が“異例”の発表会

日産自動車は15日、商用車「キャラバン」を11年ぶりにモデルチェンジし、「NV350キャラバン」として発売した。
 
 神奈川県横浜市の日産本社で行われた発表会。「この車を小型商用車のトップブランドにする」。志賀俊之COO(最高執行責任者)はそう力を込めた(写真)。発表会には志賀COOのほか、アンディ・パーマー副社長など多くの日産幹部、社員が出席。商用車の発表会では異例ともいえる力の入れようだ。

理由はシェア奪回だ。かつて同車はトヨタ自動車の「ハイエース」と競い合っていたが、近年はハイエースに大きく水を開けられている。現行キャラバンのシェアは約14%。新型車では月間販売台数2000台を計画し、志賀COOは「当面はシェア4割を目指す」と語る。

「開発にあたってはすべての面でライバルを圧倒するように指示した」(同)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT