小型商用車のシェア奪回へ、日産が“異例”の発表会


 
 特にこだわったのは荷室スペース。荷室長は同クラストップの3050ミリメートルを確保した。また分割可倒式シートを採用し、ビジネスだけでなく、レジャーユースでも使い勝手の良さを向上させた。2リッターのガソリンエンジンで1リットルあたりの走行距離9.9キロメートルと、燃費性能でもクラストップとした。

生産はグループである日産車体の九州工場が手掛ける。年6万台の生産のうち、半分以上を輸出する計画だ。部品の9割が地元九州と海外からの調達(うち海外からの輸入部品4割)で、コスト競争力を高めて、円高に対抗する。

日産は昨年発表した中期計画でも小型商用車の強化を唱っている。この新型車がその嚆矢となるか。

◆日産自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(並木厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT