呼吸の極意 心身を整える絶妙なしくみ 永田晟著

呼吸の極意 心身を整える絶妙なしくみ 永田晟著

代謝に必要な酸素を取り入れ、代謝廃物である炭酸ガス(二酸化炭素)を排出するのが「呼吸」だ。呼吸運動は自律神経を介して内臓の働きや血圧などに大きく影響を与えている。無意識のうちに行われるものだが、逆に意識的にとらえ、息をする時間や回数を変えることで、自律神経系の状態を調整することができる。さらに有酸素運動と組み合わせることで、健康づくりに大いに役立たせることができると著者は指摘する。

豊富な実験データを基に呼吸のメカニズムと有効性を解説し、生活の中の呼吸運動を科学する。併せて呼吸運動をジョギングなどの有酸素運動と同列の運動として位置づけ、自由に実践できる正しい呼吸法を紹介する。

講談社ブルーバックス 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT