旭化成建材の不正は決算書にも滲み出ていた

不祥事は「赤字脱出が至上命題」の時に起こる

最初にデータの偽装が見つかった「パークシティLaLa横浜」は、2005年に着工され、2007年に竣工したマンションです。このマンションが着工される2年前、2003年度における旭化成の事業種別の売上高と営業損益を見ると、建材事業では21億円の営業赤字が出ていました。

それに対し、ケミカル、ホームズ、ファーマ、せんい、エレクトロニクス、ライフ&リビング、サービス・エンジニアリング等の残る7事業は、いずれも黒字。旭化成の事業のうち、この年度に営業赤字を出していたのは建材事業だけです。その1年前の2002年度も建材事業は営業赤字でした。

親会社である旭化成から明確なプレッシャーがなかったにしても、当の旭化成建材では、「グループの主要事業で赤字経営をしているのは自分たちだけ。いち早く黒字化しなければ」という意識が強く持たれていた可能性があります。

2004年度にどうやって黒字浮上したのか

その後、建材事業は、どうなったでしょうか。実は2004年度以降黒字化し、26億円、38億円、50億円と、毎年、着実に儲けを出すようになっていきます。問題のマンションが着工されたのは、2005年度なので、当時の旭化成建材は、それまでの赤字経営から脱却し、黒字化した直後だったということになります。

ここで注目していただきたいのは、事業が黒字化していった間でも、売上高にはほとんど変化が見られなかった、というところです。赤字だった2002年度と2003年度の売上高は、それぞれ727億円、718億円でした。しかし、黒字化した後でも、712億円、681億円、733億円と、売上高は決して増えていないのです。

では、旭化成はいかにして、売上高を増やさずに、建材事業を黒字化したのでしょうか。

上の書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

答えは簡単です。入ってくるお金が増えないのであれば、出ていくお金を減らせばいいのです。――つまり、コストダウンです。この数字からわかるのは、この時期、旭化成建材が赤字脱却のために、かなりの「合理化努力」をしていた、ということなのです。

合理化というのは、無駄を省く、ということです。たとえば、それまで行っていた不必要な作業を省略したり、材料費を削ったり、または作業時間を短縮したりすることが、これに当たります。

旭化成建材は、そのような企業努力によって、売上高を増やさずに赤字経営を克服していきました。しかし、こうした切羽詰まった状況の中では、少しでも早く、少しでも安く、という会社全体の意識が、大きなプレッシャーとなって現場にのしかかってくることがあるのです。

次ページ目の前の採算性が最重視されると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT