イタリア・スウェーデンで攻撃計画の恐れ

過激派メンバーを捜索

 11月19日、イタリアとスウェーデンの警察は、国内で無差別攻撃を計画しているとみられる過激派メンバーの捜索を進めるとともに、人が集まる場所の警備を強化した。写真はイタリアのジェンティローニ外相、ヨルダンで10月撮影(2015年 ロイター/Muhammad Hamed)

[ローマ/ストックホルム 19日 ロイター] - イタリアとスウェーデンの警察は19日、国内で無差別攻撃を計画しているとみられる過激派メンバーの捜索を進めるとともに、人が集まる場所の警備を強化した。先週末にパリで起きた同時多発攻撃を受けて、両国でも新たな攻撃が計画されている可能性が報じられている。

スウェーデン警察はこの日、攻撃を計画していたと疑われる男を逮捕し、捜査を継続すると発表。地元メディアはこの男が過激派組織「イスラム国」のメンバーで、難民センターで逮捕されたと伝えたが、警察はコメントを拒否した。

首都ストックホルムでは警察が議事堂周辺や主要な鉄道駅での警備を強化している。

イタリアのジェンティローニ外相は、ローマのサン・ピエトロ大聖堂やミラノの大聖堂、スカラ座が攻撃の標的となる可能性があると表明。攻撃を計画しているとみられる5人の行方を追っているとした。

ミラノ市の責任者は、同市に危険が差し迫っている具体的な証拠はないとしつつも、最高レベルの警戒態勢を継続すると述べた。

一方、独ビルト紙は、国内情報機関の文書をもとに、17日夜にハノーバーで予定されていたドイツとオランダのサッカー親善試合の会場だったスタジアムで、あるグループが複数の爆弾を爆発させる計画を進めていたと報道。このグループはハノーバー中心部でも爆破を計画していたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。