日本の7大商社 世界に類をみない最強のビジネスモデル 久保巖著

日本の7大商社 世界に類をみない最強のビジネスモデル 久保巖著

一時は「不要論」が喧伝された商社が、昨今「商社フェニックス」とさえいわれるようになった。中でも、7大総合商社は資源・エネルギー価格の高騰などを追い風に「盛夏の時代」を迎えている。

世界のあらゆる地域、分野を対象に、資金や人材を再配分、再配置しながら、その獲得してきた権益によって高収益がもたらされている。貿易業務、金融業務ばかりでなく、発電所、鉄道、水処理施設など社会インフラ分野への参入に加え、世界的なバリューチェーンの設計、構築も好業績を後押しする。

縦横無尽に変化を遂げる日本独特の「商システム」によって低迷期を乗り越えた、総合商社の過去、現在、未来を手際よくまとめる。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT