日本の7大商社 世界に類をみない最強のビジネスモデル 久保巖著

日本の7大商社 世界に類をみない最強のビジネスモデル 久保巖著

一時は「不要論」が喧伝された商社が、昨今「商社フェニックス」とさえいわれるようになった。中でも、7大総合商社は資源・エネルギー価格の高騰などを追い風に「盛夏の時代」を迎えている。

世界のあらゆる地域、分野を対象に、資金や人材を再配分、再配置しながら、その獲得してきた権益によって高収益がもたらされている。貿易業務、金融業務ばかりでなく、発電所、鉄道、水処理施設など社会インフラ分野への参入に加え、世界的なバリューチェーンの設計、構築も好業績を後押しする。

縦横無尽に変化を遂げる日本独特の「商システム」によって低迷期を乗り越えた、総合商社の過去、現在、未来を手際よくまとめる。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。