金融専攻の卒業生に私が送るメッセージ--ロバート・J・シラー 米イェール大学経済学部教授

ここで頭に浮かぶのは、19世紀の英国と欧州であった貯蓄銀行運動と、20世紀のバングラデシュでグラミン銀行が始めたマイクロファイナンス運動だ。今日、最善の道は、金融とコミュニケーションの最新技術を使って、優れた金融サービスを取りそろえて下位中産階級と貧困層に提供することだ。

住宅ローン業界に進む卒業生は、内容は異なるが、同じように極めて重要な課題に直面している。すなわち、今日、数百万人の人々をローン漬けにしたような経済混乱を住宅所有者がもっとうまく乗り越える助けとなる、より柔軟な新型ローンを開発することである。

若い投資銀行家たちには、革新的な小規模の新ビジネスの成長に拍車をかけるため、クラウドファンディングのウェブサイトで具現化されているような、ベンチャーへの参加型出資方式を考案するというすばらしい機会がある。

一方、保険のプロの新人たちには、普通の人々が心配している本当に重要なリスク、すなわち雇用や生計、住宅の価値などにかかわるリスクをヘッジする新たな方法を考案する機会がたくさんある。

金融業界で得られる真の報酬とは何か

投資銀行や証券会社以外に、現代の金融には公的あるいは政府の次元があり、そこでも改革が不可欠だ。健全で社会に役立つ金融部門を実現するための規則作りが今ほど重要だったことはない。金融の法的インフラを分析し、金融が社会にとって最大の成果を生むように金融業界を規制するため、立法および行政機関で新卒者たちが求められている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT