上司との関係:目的を明確にしてコミュニケーションを



さて、誰でも仕事の考え方が一面的になりがちです。そこを上司から別の角度で指摘されたことで仕事の進め方が広がるケースはたくさんあります。やらされ感を持たずに、自分にとってプラスになると信じて続けてください。

そうはいってもコミュニケーションは難しいもの。特に年齢も離れた上司とのコミュニケーションは気を使います。取材すると

「うちの上司は偉そうに話すから、頭にくる」
「数字数字と売り上げのことばかり聞いてくる」

と、近寄ってくる上司にうざいと感じている部下は少なくありませんでした。ただ、あなたが上司が近寄る前に、自分から積極的にアプローチしていくと状況は変わります。

「昨日の商談はどうなったのだ。ちゃんと報告しなさい」

と言われて嫌な思いをする前に

「課長、昨日の商談の経過を報告したいのでお時間いただけますか?」

自分から投げかけると上司は《数字》ばかりの話でなく、あなたのための的確なアドバイスをくれることでしょう。守るなら攻めて、質の高いコミュニぇーションを実践しましょう。

では、コミュニケーションを積極的に行うためのヒントを1つ紹介しましょう。

■ワーク
あなたが日頃《いい仕事》をするために上司や同僚と行っている仕事コミュニケーションを3つの観点で分類して、書き出してみましょう。

(1)目的(報告・相談・依頼など)
(2)誰と(上司や同僚など)
(3)いつ(毎日・隔週・適宜など)

この3つの観点があいまいなものは《なくてもいい》コミュニケーションです。(1)目的があいまいなままに対話していることがありませんか? 職場で目的があいまいなコミュニケーションばかりしていると、相手からすればトンチンカンな人に見えてしまいます。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。