ハリル監督「シンガポール戦はリベンジ試合」

11月11日、サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、W杯ロシア大会アジア2次予選のシンガポール戦について「リベンジマッチになる」と意気込んだ。写真は会見の映像から(2015年 ロイター)

[シンガポール 11日 ロイター] - サッカーの日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督は11日、翌日に行われる2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選のシンガポール戦について、「リベンジマッチになる」と意気込んだ。

6月に埼玉で行われたホームゲームは、拙攻や相手GKの好パフォーマンスにより痛恨のスコアレスドローに終わっていた。

ハリルホジッチ監督はその時の借りを返すとし、「今回は難しい試合になる。シンガポールはホームだし、国民のために戦うと思うが、われわれは決意とクオリティを持って勝つために戦う」と語った。

試合展開については「いまのところ日本と戦う相手は9人、10人で守備ブロックを作ってくるので得点を取るのは難しい。こういう試合では、できるだけ早く点を取ることが重要になる。それができない場合でも、自信を失わずにアグレッシブにゴールを目指すことを続けなければならない」と話し、セットプレーやクロス、ゴール前30メートルでのプレーを向上させなければならないと意気込んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT