ハリル監督「シンガポール戦はリベンジ試合」

11月11日、サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、W杯ロシア大会アジア2次予選のシンガポール戦について「リベンジマッチになる」と意気込んだ。写真は会見の映像から(2015年 ロイター)

[シンガポール 11日 ロイター] - サッカーの日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督は11日、翌日に行われる2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選のシンガポール戦について、「リベンジマッチになる」と意気込んだ。

6月に埼玉で行われたホームゲームは、拙攻や相手GKの好パフォーマンスにより痛恨のスコアレスドローに終わっていた。

ハリルホジッチ監督はその時の借りを返すとし、「今回は難しい試合になる。シンガポールはホームだし、国民のために戦うと思うが、われわれは決意とクオリティを持って勝つために戦う」と語った。

試合展開については「いまのところ日本と戦う相手は9人、10人で守備ブロックを作ってくるので得点を取るのは難しい。こういう試合では、できるだけ早く点を取ることが重要になる。それができない場合でも、自信を失わずにアグレッシブにゴールを目指すことを続けなければならない」と話し、セットプレーやクロス、ゴール前30メートルでのプレーを向上させなければならないと意気込んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT