探求〈上・下〉 エネルギーの世紀 ダニエル・ヤーギン著/伏見威蕃訳 ~キーパーソンの活躍ぶりを赤裸々に描き出す

拡大
縮小

1991年に刊行された『石油の世紀』と本書とを比べると、中国をはじめとする新興国がエネルギーの需給両面でプレゼンスを高めていることがよくわかる。それに引き換え、日本の影は薄い。省エネルギーに関して日本の「トップランナー方式」に光を当てていないなど、さすがのヤーギン氏のチームにも取材不足があるなと思わせる部分もあるが、より根本的な問題は、資源小国で経済大国である日本が、エネルギー資源の海外での開発・生産で大きな成果をあげていないこと、地球温暖化対策に関して技術輸出(たとえば石炭火力発電技術の海外移転)による海外での二酸化炭素排出量削減という「切り札」を活用していないこと、などの点に求めるべきであろう。

本書の魅力を高めているのは、上下両巻の冒頭に、多数の口絵写真が掲載されていることである。本文で描かれるキーパーソンたちの躍動のいくつかの場面が、そこでは画像として再現されている。ヤーギン氏が、「謝辞」の中で、「口絵写真は、それ自体が一大プロジェクト」で「それだけで物語として成り立」っていると胸を張っているのも、うなずける。

Daniel Yergin
国際的ノンフィクション作家。米ケンブリッジ・エナジー・リサーチ・アソシエーツ会長。エネルギー問題や国際政治、グローバル経済に詳しい。著書に、ピュリツァー賞を受賞した『石油の世紀』のほか、『市場対国家』『ロシアの時代』など。

日本経済新聞出版社 上2415円 508ページ

  

日本経済新聞出版社 下2415円 508ページ

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT