2つの政治事件に見る中国の変わらぬ伝統

次期指導者を決める全人代の前に起きること

 

 文化大革命中に、毛沢東が配下の最高位にあった劉少奇を追放した際には、劉少奇の夫人が、不道徳な退廃とぜいたくを象徴するピンポン玉の首飾りを掛けられ、街中を引き回された。また、その毛沢東が死去した後には、毛沢東の妻、江青が逮捕され、中国版マクベス夫人の役割(野心家タイプの悪女)を演じさせられた。今は薄の妻である谷開来に殺人の容疑がかけられているが、これもまたこの種の政治劇の一環なのかもしれない。

実際に、薄の失脚に伴い、夫人のみならず家族全体にも影響が及んでいる。これもまた中国の伝統だ。家族の誰かが罪を犯すと、家族全体がその責めを負わされる。

薄が、資本主義を批判する庶民派を標榜し、毛沢東主義の倫理感を強硬に推進する役割を演じてきたことからすると、共産党内における薄の政敵は、自由市場資本主義や、事によると何らかの政治改革を支持するリベラル派のボスのように見えてくる。温家宝首相は、このリベラル派のリーダーに見えるかもしれない。温首相は、民主改革の必要性を訴え、公然と薄を批判してきた。

今後、経済の自由化をさらに推進しようとする中国共産党が、より開かれた社会を許容していく可能性がないとは言い切れない。しかし、その逆もまたありえる。つまり、貧富の差が拡大し、経済格差に抗議の声を上げる国民が増えるにつれて、体制側が反体制派への弾圧を強めるというシナリオだ。

このような弾圧は、共産主義を守ろうとするものではない。むしろ逆に、「中国共産党ブランドの資本主義」を守ろうとするものだ。このように理解すれば、薄が失脚を余儀なくされる一方で、陳とその家族のような反体制派にとっては、外国大使館へ駆け込むという手段が、残された一か八かの選択肢となることに、なるほどと合点がいく。

(週刊東洋経済2012年5月19日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT