KDDIの「スマホ構想」は、ヤフーに勝てるのか

スマホポータル争奪戦に、通信会社が挑む

広告も拡大路線を歩む。これまでシンドットの広告は、アライアンスに加盟する各サービスのサイドメニューにある広告枠のみだった。だが、動画広告を手掛けるアップベイダー社やeコマース広告のソケット社の買収(それぞれ9月末にシンドットHDが買収)によってメニューは広がった。両社は旧スケールアウトとのシナジー発現も進める構えだ。

足元でさまざまな取り組みを進めるシンドット。ただし、マネタイズは難しい課題となる。何しろ、シンドットに携わるほとんどの会社が儲かっておらず、最終赤字を計上しているからだ。直近決算期の業績を確認すると、旧スケールアウトは2億1180万円の黒字だが、シンドットHDは6018万円、旧ビットセラーは5322万円、旧ナナピは1287万円と、それぞれ最終赤字だ。

すでに進行中の広告事業の強化はもちろんだが、個人向けサービスや法人向けのデータソリューションなど、多様な収益獲得手段を確立する必要がある。

ベンチャー気質は残されているか?

KDDIで新規事業を統括する高橋誠専務はこう語る。「au以外のユーザーにもタッチしていかなければ、回線を提供するだけの『土管屋』になってしまうという危機感がある。ただ、ネット分野の取り組みは通信会社の発想ではできない。ベンチャーへの出資や買収などで人材を確保し、KDDIの経営資源を活用してイノベーションを作り出す」。

KDDIの高橋専務(左)と、シンドットを牽引してきた森岡康一氏(右)。森岡氏は熱心なラグビーファン。「ラグビー日本代表は南アフリカに勝った。シンドットもヤフーを超える可能性はある」と熱く語った

高橋専務は11月にシンドットHDの代表に就任している。「KDDIが中途半端ではなく、本気で取り組む姿勢を示したものだ」(高橋専務)。

森岡氏もこう息巻く。「ネット企業を中心に、有力な人材も集まり始めている。スマホの梁山泊のような感じだ。シンドットは世の中に対するインパクトでヤフーを超えたい。日本のインターネットの歴史において、ヤフーを抜いた会社はまだないが、スマホが出てきたのはチャンスだと思っている」。

パソコン時代と事情は異なるが、スマホにおいても、多様なサービスを展開するヤフーの存在感は大きい。シンドット構想がスマホのポータルを席巻し、ヤフーを超える日は来るのだろうか。今や売上高、利益ともにNTTドコモを超え、押しも押されぬ大企業となったKDDI。シンドット構想は、途方もなく高い目標に挑む、同社の「ベンチャー気質」が試される取り組みになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT