KDDIの「スマホ構想」は、ヤフーに勝てるのか

スマホポータル争奪戦に、通信会社が挑む

たとえば、ビジネスパーソンの場合、カレンダーでスケジュールを確認し、その後天気をチェック。交通情報を調べたり、ニュースを読んだり、女性は占いを楽しむ、といった一連の流れが見られた。そのほか、若年層はゲーム情報に続いてまとめサイト、ランキングアプリ(現在は終了)を見るといった具合だ。

画像を拡大
アライアンスに参加するサービスのサイドメニューには、各サービスへの導線が埋め込まれている

こうしたデータをもとに、カレンダーとナビサービスの連携などにも取り組んできた。複数のサービス間でユーザーのデータをとり、活用する取り組みは、世界的にも珍しいという。

サービスやデータの連携を加速するため、シンドットは今年11月に大幅な体制変更を実施した。シンドット構想にかかわってきた、広告事業の「スケールアウト」とメディア、サービス事業の「ナナピ」、技術面を担当する「ビットセラー」のKDDIグループ3社が合併し、シンドットHD傘下の中核会社「スーパーシップ」としてスタートしたのだ。3社はシンドットのオフィスに入居しており、合併は既定路線だった。

データベースを軸に集客も強化

「1億人を超える規模に広がったユーザーとの接点と、アライアンス内のユーザーデータ、さらに、広告を含めた送客のプラットフォームを連携させることで、マネタイズを進めていく」。シンドット構想を当初から先導してきた、スーパーシップ代表の森岡康一氏は語る。

中でも、本丸と言える取り組みはDMPの強化だ。DMPは「データマネージメントプラットフォーム」の略で、さまざまなビッグデータを管理し、広告配信などに活用する仕組みのこと。アライアンスの参加サービスとつながるDMPの規模を拡大し、さらに、KDDIや旧スケールアウトのデータも合わせることで「質、量ともに日本一のDMPを目指す」(森岡氏)。

同時に、集客力にも磨きをかける。肝になるのは、ナナピが提供するコミュニケーションアプリの「アンサー」。ニュースやゲーム、悩み相談、ひまつぶしなど、さまざまな話題に対し、多数のユーザーがチャット画面で次々と回答していく。さながら、LINEの大人数のグループでトークをしている感覚だ。

ここでは、ユーザーの投稿内容に合った情報を自動で回答するなどで、各サービスへユーザーを送客することを考えている。現在はテストを実行中だ。たとえば「今日の東京の天気は悪そうだな」といった投稿に天気予報を投稿したり、「最近ついてないな」という投稿に占い結果を送信するといったものだ。

次ページシンドット構想は儲かるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT