主観を排した選手集めでチーム全体の力が向上した

オークランド・アスレチックスGM ビリー・ビーン

 

しかし、他球団から見ればマイナスのこうした要因も、われわれからしてみれば解消が可能だった。たとえば出塁率が高かったスコット・ハッテバーグ選手は、腕に故障を抱えていて本職のキャッチャーというポジションをこなすには送球に不安があった。そこであまり強い送球をしなくても済む一塁手へのコンバートを条件に、他球団から引き抜いた。彼はシーズン20連勝に大きく貢献してくれた。

--02年もシーズン途中までは不振だったが、途中から快進撃が始まった。

私のコンセプトは当時としては異端であったため、当初チーム内でも受け入れられず、全体で共有するのに時間がかかった。また、まとまったデータを集計して分析するのに夏ごろまで時間が必要だった。われわれは、打者であれば個々の選手ごとにどのようなコースや球種に対して強いのかなどを分析していた。その結果を基に選手にアドバイスをしたところ、その効果が徐々に出始めた。

当時はこうしたデータ分析はあまり行われていなかったが、今では米国球界に広く浸透している。アナリストは高度な統計、ITスキルが必要とされる。データ分析競争も激化している。

--1997年のGM就任後、何度も地区優勝をしているが、ワールドシリーズ優勝は89年を最後に成し遂げていない。

言い訳になってしまうが、プレーオフのような短期決戦を勝ち抜くには運も必要だ。シーズンは長丁場の戦いのため、運の要素がならされ、実力が反映されやすい。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT