ホンハイ・郭会長の“聖戦”、シャープ提携で「iTV」受注に全力、狙うはサムスン封じ

そんな中、08年に世界金融危機が起こり、液晶パネル産業は底なしの赤字に陥り、提携交渉はいったん自然消滅。今回の提携は昨年初めから話が再開したものだという。

シャープとの提携モデルも変わった。当初、ホンハイ傘下の奇美電子との共同事業が考えられた。群創科技と奇美電子、統宝光電を合併させた後、ホンハイ側が新しい技術で優位に立つことを、郭会長は望んでいたようだ。特に統宝光電が持つ低温ポリシリコン(LTPS)は節電効果が高く、解像度が高いことから、アイフォーン4以降の製品で戦略的優位に立つと考えた。

しかし、統合後の奇美電子がLTPSの歩留まりを上げることができず、郭会長のもくろみが外れた。アイフォーン4Sや、新アイパッドのパネル生産で、奇美電子は受注することができなかったのだ。このため郭会長は急きょ、深超光電で中古の生産ラインを使用し、わずか5カ月でLTPSラインを立ち上げ、さらに天億顕示科技と合弁で天億科技を設立したのである。

これに対してシャープは、すでに三重工場でアイフォーン向けパネルを生産していた。亀山第1工場ではアイフォーン向け生産を計画、亀山第2工場でも、アイパッド向けの生産を計画している。アイフォーンに必要なLTPS技術を持つだけでなく、新アイパッドに必要な広視野角IPSパネルの技術も持っている。さらに、IGZO(酸化物半導体)技術で業界をリードしている。

郭会長は、スピードに追いついていけない奇美電子を前面に出すことを断念し、ホンハイ本体でシャープとの提携を進めることにした。同じグループ傘下でありながら、奇美電子の段行建会長は、発表当日までホンハイによるシャープへの出資を、知らされていなかったという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。