ホンハイ・郭会長の“聖戦”、シャープ提携で「iTV」受注に全力、狙うはサムスン封じ

EMS(電子機器受託生産サービス)大手の鴻海精密工業(ホンハイ)の郭台銘会長は3月、473億台湾ドル(約1300億円)を日本のシャープに投じることを決定した。この提携は、今後5年間のホンハイグループの成長の成否を握るものであり、アップルの次の戦略商品と位置づけられるスマートテレビ「iTV」を受注できるかどうかのカギとなっている。

アップルの創始者、故スティーブ・ジョブズ氏は、すべてのモバイル装置とi−クラウドを結び付けた非常に使いやすいテレビとしてiTVを開発。年内にも販売される予定だ。このiTVの新市場がそうとう巨大になることは間違いないだろうが、ホンハイがアップル製品の受託生産で、唯一受注していないのが、そのiTVなのだ。

郭会長がiTVに注目する理由は明確だ。これからのテレビ市場でiTVが11%のシェアを獲得すると仮定すると、ホンハイは1台当たりの組み立てで900米ドルを獲得することになり、来年のホンハイの営業収入は15・8%の増加となる。彼の胸に秘めた構想が、今回のシャープとの提携で現実に向かい始めた。

グループ戦略修正しシャープと提携へ

ホンハイとシャープの交渉は、2006年に始まる。ホンハイ傘下の中国の深超光電、中国のテレビブランドTCL、シャープの3社が、中国に合弁で液晶パネル工場を開設することで交渉を進めた。当時は液晶パネルの受注がテレビ向けに好調で、シャープ側が高姿勢を見せるなど、交渉は進みにくかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT