O2Oビジネス拡大の仕掛け人・KDDIの狙い《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》


「3M戦略の会議は、さまざまな本部横断で行われている。それぞれの部署が自分のビジネスだけで考えても広がらない。3M戦略ができて、お互いの部署の垣根や制限もなくなってきたと実感している」(桑田氏)。

3M戦略は、通信キャリアとしての危機感から生まれた。

「回線ビジネスだけでは、いずれ成熟してしまう。回線プラスアルファのビジネスをどのようにつくり、お客様に使ってもらえるか。端末だけの競争も厳しい。iPhoneを取り扱うことで、少しお客様が増えたからといっても一過性。どうやって生き残っていくか。他のキャリアとどう差別化していくか。グループ傘下のケーブルテレビJ:COMや、高速モバイルネットワークWiMAXなどの資産を生かし切れていない。これらを結び付け、1つのパッケージとしてお客様に提供することができれば、すごい価値となるのでは」と桑田氏は語る。

通信キャリアとしての生き残りを懸けて、田中社長が打ち出した長期的ビジョンこそが「3M戦略」というわけだ。

3M戦略においてO2Oは、「非常に重要なテーマ」だという。O2Oという言葉は、役員会議でも活発に飛び交っている。今、O2Oの具体的なプロジェクトは、新規ビジネス推進本部が主導して検討している。

「O2Oは、ネットに閉じていた自分たちのビジネスをリアルに広げること。通信キャリアの立ち位置を生かし切っていないという自覚はずっとあった。ネットとリアルの融合は、コンテンツ面だけで言えば、ずっと昔から取り組んでいた。3M戦略以前と決定的に違うのは、端末とネットワークを含めて複合的に実践することだ」(桑田氏)。

GoogleやYahoo!Japanなどのネット企業と異なり、通信キャリアであるKDDIは、消費者との多様なリアルの接点を持つ。

AndroidやiPhoneなどのスマートフォン、関連会社のケーブルテレビ「J:COM」、全国10万カ所ある公衆無線LANサービス「au Wi−Fi SPOT」などが充実。NFC端末も商品化し、新しいインフラを使って仕掛けを進める。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。