コマツ、日立建機が直面した中国市場不振

日米大手は今期減益へ、人員削減に躍起

他方、コマツは低調な市場環境でも、IoT(モノのインターネット)社会をにらんだ、独自技術開発に懸命だ。

2月に始動した「スマートコンストラクション」は建機だけでなく、施工現場全体の最適化をサポートするサービス。コマツが従来手掛けるICT(施工自動化)建機と、新開発した情報プラットフォームを組み合わせ、現場の安全性や施工効率の向上を売りに必死に売り込んでいる。

「厳しい状況を包み隠さず皆で共有し、今だからこそスピードを上げ(独自施策を)実らせていく」

10月29日の決算説明会で、コマツの大橋徹二社長は言い切った。苦しい中でも未来志向の投資をし続けるのがコマツ流。だが、建機や鉱山機械が上向くには、しばらく時間がかかるだろう。痛みを伴う改革を断行しつつ、市場回復を見据え、どれだけ次の商機に備えるか。各社とも長い雌伏期間となりそうだ。

「週刊東洋経済」2015年11月7日号<2日発売>「核心リポート04」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。