悩める資生堂の賭け

禁断の化粧品ネット販売を開始 

 専門店にとって最後の砦だった資生堂がネット販売を始めるとなれば、反発も少なくない。が、利用客が高齢化する中、専門店の経営も年々厳しくなり、その数も減っている(図)。生き残るにはカウンセリングになじみのない若年層の取り込みが急務。「この先5年、10年と商売を続けるなら、ネットに対して『わからないからやらない』というスタンスではダメ」と、全国化粧品小売協同組合連合会の中神美郎理事長は加入する化粧品専門店にネット展開の必要性を訴える。「ワタシプラス」の店舗の検索機能についても「店頭カウンセリングでしかできないことがある。それをわかってもらうために参加しない手はないだろう」と話す。

ようやく始まった資生堂のウェブ戦略だが、「本当にこのやり方でいいのか、疑問が残る」(化粧品業界アナリスト)と、厳しい見方もある。

たとえば「ビューティー・アンド・コー」では、利用者が情報を得られるのは現行の資生堂製品についてのみ。化粧品情報・販売サイトで先行する「アットコスメ」の約2万3000ブランド、20万商品と比べると大きく見劣りする。しかも、「口コミ」というメーカー主導ではない評価軸が一般的になりつつある中で、資生堂主体の情報サイトがどれだけ受け入れられるか未知数だ。

次ページ秘策を用意
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT