悩める資生堂の賭け

禁断の化粧品ネット販売を開始 

ネットからの誘導にはさらなる秘策も用意

最大の肝であるネットから専門店への顧客誘導にも課題がある。

ネットによる誘導は外食分野では浸透しているものの、化粧品の場合、店舗へ行かなくても目当ての商品は手に入るため、同様の手法が通用するとは限らない。資生堂はサイト開始に先駆け、女性向け情報サイト「オズモール」で約1年間店舗カウンセリング予約の実験を実施。中には「前期比で10%程度利用客が増えた」という専門店もあるが、今のところサイトと専門店のつながりは「検索」と「予約」の域を出ていない。

今後はネット上で収集した顧客の要望などを分析、専門店での店頭サービスの向上につなげるなど「顧客の期待を超えられるような秘策を用意している」(高森常務)という。

ネット販売という新領域を開拓しながら、独自の専門店モデルを維持するにはさらなる工夫が必要だ。

資生堂の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年4月21日号) 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT