絶好調のセブン&アイ、国内小売業初の営業利益3000億円超えへ

 消費税の増税など不安材料には事欠かないが、「消費は底堅い。新商品・サービスやイベントで刺激すれば、潜在需要を顕在化できる」(村田紀敏社長)と強気だ。

問われるコンビニの次

勢いを増すセブン&アイだが、グループの課題はコンビニや金融などに次ぐ収益柱を育てること。開拓の余地がありそうなのは、生鮮中心の食品スーパーだ。全国各地に有力なスーパーがあり、コンビニなどと違って寡占が進んでいない。コンビニとの競合はあるものの、それ以上にシェア拡大によるスケールメリットが見込める。昨年イオンが中四国地方首位のマルナカを買収するなど、合従連衡の動きも出てきた。

セブン&アイは今のところ国内での買収に慎重。だが、子会社の米セブン−イレブンは今期増やす630店のうち約400店を他チェーン買収で獲得する計画を立てている。海外だけでなく国内でのM&Aに動いても不思議はない。

セブン&アイ・ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年4月21日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT