VWの乗用車トップ、「電動化シフト」を強調

ディーゼル車の日本投入を延期

 10月28日、VW乗用車トップのディース氏、電動化シフト強調。ディーゼル車日本投入を延期(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - 独フォルクスワーゲン(VW)の乗用車部門の取締役会会長、ヘルベルト・ディース氏は28日、東京モーターショーでの会見で、ディーゼル車の不正問題を謝罪。これまでディーゼル重視だったが、電動車両を強化する方針をあらためて表明した。VW日本法人はまた、日本市場へのディーゼル車投入を予定通り行うが、発売時期の延期を決めた。

ディース氏は電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHV)などの「電動車両は今後より魅力的になる」と説明。先日発表した年間10億ユーロの投資削減計画に関連し、その原資は組織の見直しなどで捻出するとの意向も示した。

一方、今後も中国でのVWの強いポジションを維持していくよう努める、と語った。経済減速が懸念される中国の自動車市場については「成長ペースは減速しているが、ピークには達していない」とし、今後も「需要は都市部から地方へシフトしていく」との見通しを述べた。

VWのブースにはひときわ多くの報道陣が集まった。モーターショー直前まで誰が本社から来日し会見するのか決まらず、登壇者は知らされていなかった。会見に来て初めてディース氏だと知った記者もいた。同氏は会見終了後、30分以上も報道陣による囲み取材に応じた。日独米メディアをはじめ、欧州、インド、オーストラリアなどの記者が大勢詰めかけ、ドイツ語と英語が飛び交った。

<日本へのディーゼル車投入は来夏以降>

VW日本法人のスヴェン・シュタイン社長は、日本市場へのディーゼル車の「投入時期を見直す」と述べ、発売を延期することを明らかにした。来年初めに中型セダン「パサート」でディーゼル車を追加する予定だったが、来夏以降に先送りする。VWは現在、日本でディーゼル車を販売していない。

予定していた新型車のディーゼルエンジンは規制を満たしており、不正が発覚したものとは異なるが、状況を考慮した。今回の東京モーターショーでは当初、日本市場に投入するディーゼル車を出展する予定だったが、不正問題発覚を受けて取り止めた。

 

(白木真紀、田実直美)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。