ウォール街とオバマ大統領、言葉は一見手厳しいが具体的な行動は手ぬるい

米国証券取引委員会(SEC)がゴールドマン・サックス(GS)を、サブプライムローン市場で不正に関与したとして訴えた事件がある。両者は2010年7月に、GSが5億5000万ドルの罰金を支払うこと、ビジネス手法の一部を変更することで合意した。しかしSECは、GSが犯罪を行ったことを自ら認めることは、なぜか要求しなかった。

以前、GSのロイド・ブランクファインCEOが上院調査常置小委員会でカール・レビン上院議員と対決したことがある。これはウォール街の“強欲と傲慢”を象徴する出来事として有名だ。これでブランクファインは尊敬されるビジネスリーダーから軽蔑の対象へと転落している。

不正は枚挙にいとまなし

レビン上院議員はブランクファインらGSの幹部が連邦議会を欺いたと主張、ウォール街に対する大衆の怒りに油を注いだ。

しかし、ホワイトハウスには、このメッセージは伝わらなかったようだ。11年1月に中国の胡錦濤総書記がワシントンを訪問した際、オバマ大統領は国賓晩餐会を開催し、米国の多くのエリートが参加したが、ブランクファインにも招待状が届いている。

ここ数週間、GSは再び注目を集めている。注目された第一点はインサイダー取引。第二は利益相反行為。第三は退職した元幹部によるGSへの厳しい非難だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。