たそがれの日本IBM、56年ぶり外国人社長

たそがれの日本IBM、56年ぶり外国人社長

日本IBMが新たな一歩を踏み出した。5月15日付で橋本孝之社長が代表権のない会長に退き、米IBMから派遣されたマーティン・イェッター氏が社長に就く。外国人の起用は56年ぶりだ。

イェッター氏は2006年から4年間、独IBMの社長としてクラウド事業の強化や事業所の再編で功績を挙げた。現在は米本社の経営戦略の立案を担当する役員を務め、バージニア・ロメッティCEОとのパイプは太い。

栄光は過去のものに

かつての日本IBMは、数ある現地法人の中でも売上高で1割以上を占め、研究開発で世界に先行する“孝行息子”。米本社からの信頼は厚く、半世紀以上も日本人トップが経営に当たっており、外資系というより純粋な日本企業に近かった。

人材育成にも定評があった。日本ヒューレット・パッカードの小出伸一社長、ベルリッツコーポレーションの内永ゆか子社長など多くの人材を輩出している。「日本のIT企業は、日本IBMを目標として背中を追いかけてきた」(大手IT企業幹部)。

だが、輝きは失われつつある。ピークの01年に1兆7075億円あった売上高は05年のパソコン部門売却などの影響もあり、10年は9377億円まで縮んだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。