たそがれの日本IBM、56年ぶり外国人社長

たそがれの日本IBM、56年ぶり外国人社長

日本IBMが新たな一歩を踏み出した。5月15日付で橋本孝之社長が代表権のない会長に退き、米IBMから派遣されたマーティン・イェッター氏が社長に就く。外国人の起用は56年ぶりだ。

イェッター氏は2006年から4年間、独IBMの社長としてクラウド事業の強化や事業所の再編で功績を挙げた。現在は米本社の経営戦略の立案を担当する役員を務め、バージニア・ロメッティCEОとのパイプは太い。

栄光は過去のものに

かつての日本IBMは、数ある現地法人の中でも売上高で1割以上を占め、研究開発で世界に先行する“孝行息子”。米本社からの信頼は厚く、半世紀以上も日本人トップが経営に当たっており、外資系というより純粋な日本企業に近かった。

人材育成にも定評があった。日本ヒューレット・パッカードの小出伸一社長、ベルリッツコーポレーションの内永ゆか子社長など多くの人材を輩出している。「日本のIT企業は、日本IBMを目標として背中を追いかけてきた」(大手IT企業幹部)。

だが、輝きは失われつつある。ピークの01年に1兆7075億円あった売上高は05年のパソコン部門売却などの影響もあり、10年は9377億円まで縮んだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。