韓国アルコール市場に大異変

外国勢に押される韓国企業

 

伝統酒マッコリは対日輸出が急増

ワインもグローバル化の恩恵を受けている。04年に、韓国・チリ間でFTAが発効されて以降、種類も多様で安いチリワインが国内に押し寄せている。関税庁によれば、ワインの輸入額は00年の2000万ドルから、11年には1億3500万ドルと7倍増に伸びた。さらに、今年は韓米FTAが発効し、米国産ワインに対する15%の関税が撤廃されると、米国からの輸入量は大幅に増えるものと予想される。

ただ、韓国酒も手をこまぬいているわけではない。韓国の伝統酒・マッコリは、翼が生えたかのように日本で売れ始めている。昨年、マッコリの輸出額(関税庁)は、史上初めて5000万ドルを突破した。このうち、日本向けは全体の92%を占める4842万ドルに達した。すでに、韓国酒市場への日本酒輸入額1435万ドル(昨年)を、対日マッコリ輸出が追い抜いている。

酒のトレンドには時代状況が反映される。消費者の好みはつねに変化している。一時は権力の象徴ともいわれたシーバス・リーガルは、今は「追憶の酒」に転落した。金大中政権時代に注目を集めた「トックリイチゴ酒」の人気も下火となった。

酒市場自体が韓国で低度数になることはなさそうだ。

(韓国『中央日報エコノミスト』3月5日号/イ・ユンチャン記者、パク・ミソ記者 =週刊東洋経済2012年4月7日号)

 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。