アラブ世界から見た「イスラム国」の真実

中東での混乱を作り出したのはいったい誰か

イスラーム国が暴力に訴えているのは、なぜなのか(写真:Thaier Al-Sudani/Files/ロイター)

混乱を作り出したのは米国と指弾

『イスラーム国』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

毎日の新聞を読んでいると、「イスラーム国」(IS)というのは国家ではなく、中東におけるテロリストの集団であり、まるで「悪の権化」のように報じられている。

そして、今米国もロシアもイスラーム国に対する空爆をシリア領内で行っていることが報道されている。

ところが、イスラーム国はイラクの半分、シリアの半分を支配しており、経済的にも自立した国家である、と著者は言う。

著者はパレスチナのガザに生まれ、エジプトのカイロ大学を卒業したあとジャーナリストとして活躍している。本拠を英国に移しているが、今やアラブの代表的知識人として知られている人物である。

この本ではシリアやイラクの活動家はもちろんのこと、欧州や米国の政治家や軍人などにも直接会って取材し、イスラーム国の成立から現在に至るまでの状況を詳しく紹介している。

シリアやイラクをはじめとする中東の混乱した状況は今世界中の注目を集めているが、そもそもそのような混乱した状況はいつ、どこから、なぜ起こったのだろうか。

それは湾岸戦争に始まり、そして米国のブッシュ(子)大統領の時代に行われたイラク攻撃によって深まったものだ。

著者によれば「イスラーム国は米国が作ったのだ」とさえ言われている、という。

これに対してイラクやシリア、さらにサウジアラビアや欧州の各国からも義勇軍が参加して、米国に対抗してイスラーム国を支援している。

イスラーム国は暴力に訴えているが、なぜ、そうなったのか、ということも詳しく分析している。

中東の混乱した状況を作り出したのは石油の利権を追求する米国にある、という指摘は重い。

著者
アブドルバーリ・アトワーン (Abdel Bari Atwan)
アラブ初の「ハフィントン・ポスト」型ニュースサイト「ラーイ・アルヨウム」の編集長。作家。1950年パレスチナ、ガザ生まれ。ロンドンを本拠とするクドス・アラビー紙編集長を25年間務めた後、現職。著書に『アルカーイダ秘史』など。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。