シャープに1300億円出資する台湾・鴻海の正体

提携でアップルと日本を囲い込み


 「どんな製品でも世界首位は儲かる。2位ならそこそこの黒字、3位なら収支均衡。それ以下は赤字だ」。つまり、製品の別を問わずトップまたは2位メーカーを顧客とすることで、浮沈の激しい電機業界において生き残ってきたのだ。そして、狙いを定めた企業に食い込むために鴻海が示す“献身”にはすさまじいものがある。

たとえば05年、当時携帯電話の世界2位だった米モトローラがヒット機種の大幅増産を決めた際、鴻海はドイツで高額の射出成型機40台を買い付け、さらに軍用機で空輸して中国にモトローラ専用の増産ラインを立ち上げた。

また、テレビやゲーム機、パソコンを受託し関係の深いソニーに対しては、アセットライト経営を推進したいソニーの意向を受けて、南米のテレビ工場を人員ごと“お買い上げ”している。近年ではドイツの流通大手と合弁で中国で家電量販チェーンも経営しているが、これも流通在庫がかさみやすい中国リスクから優良顧客を守るための“サービス”といえる。

一方で、いくら大手の一角であっても、世界首位級でないメーカーには見向きもしない。たとえば07年ごろ、日本のある大手携帯電話メーカーが鴻海との取引を希望したが、「生産量が少なすぎる」との理由でけんもほろろに断っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT