「変なホテル」は、まだほんの序章に過ぎない

客が「2泊」するテーマパークは、こう創る!

――当初、社長就任の依頼を2回断わり、3回目に引き受けられたそうで。

はい。最終的には九州の観光や雇用の問題などをお手伝いできればと引き受けました。それに、非常に難しいからこそチャレンジしてみたかった。今はやってよかったと思っています。想像した以上に面白い案件ですね。

実はハウステンボスは、モナコくらいの広さがあります。都市機能がある一方、規制のない私有地なんですよ。外ではいろんな規制がありますが、ここなら自由に様々な実験がスピーディにできる。加えて、花や音楽やおいしいものがいっぱいで、安全な場所。国として独立したいくらいですよ(笑)。

――これからのハウステンボスは何を目指すのでしょう?

われわれは昔からここを「観光ビジネス都市」にしようと提唱しています。どんどん新しい技術やシステムなどを開発して、それを世界に出していくような。

「変なホテル」はその一環で、今はいろんな研究をしています。ロボットやエネルギー関連はもちろん、食糧不足を見据えた生産性の高い農業の研究開発も。様々な研究や実験を行い、ダメなら改良すればいい。それでもダメなら、やめればいい。ここから世界に通用する新しい技術が次々と生まれ、世界が認め注目する観光ビジネス都市にしたい。技術だけでなく、文化や芸術も発信していきたい。

10年後には、世界がロボットホテルだらけになる

――まさに楽園ですね。澤田さんは常に世界を意識した試みを実現されてきました。

今回の「変なホテル」をきっかけに、佐世保のハウステンボスが世界に認知されたと思います。ロボットホテルは先駆けで、今はちょっと早いかもしれませんが、5年後10年後にはどんどんそっちに進む。われわれが17年前にローコストエアラインを始めたとき、まさかこんなに流行るとは誰も思わなかったように、です。

――澤田さんが仕事をする上で大切にしていることは?

気持ちですね。長い人生、人でも企業でも必ず悪いときがあり、失敗も問題も多々ある。そこで暗くなったりやる気をなくしたりクヨクヨしたりすると伸びない。そんなときは誰でもあると思って、明るく元気に前向きにやっていく。そして自分の目標や夢を持ち、それに向かっていく。

――前向きにチャレンジして、ダメなら修正すればいいと。

チャレンジしないと新しいものはできませんし、失敗は経験値ですから。やればたとえ失敗しても能力とレベルがアップして、また新しいものができていく。ただし、基本はお客様に喜んでいただくとか、世の中の役に立つとか、それを前提にやらないといけませんよ。騙そうとか儲けてやろうとか、そういうことではダメだと思います。

――おっしゃることはシンプルですね。

そう、非常にシンプル。皆シンプルなことを複雑に考えるから、わからなくなるんですよ。

(撮影:長崎辰一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT