くすぶり続けるギリシャ危機、ユーロ離脱の可能性

このところの金融市場を見ると、欧州の危機は小康状態にある。株価も上昇している。日米がそろって金融緩和策を打ち出したことで一種の「金融相場」が出現した形だ。しかし、これは一種のバブルで、長続きするとは思われない。

米国では、株価の上昇と良好な景気指標の発表が続いていることで、楽観的なムードが漂っている。同じ現象は昨年の今頃もあった。クリスマス商戦を控えた秋口から金融緩和モードに入り、政治的にも予算の取りまとめに際して、財政が緩みがちになるからだ。昨年はQE2(量的緩和第2弾)とブッシュ減税の延長、今年は、2014年後半まで引き延ばされたゼロ金利政策、給与税減税の延長や緊急失業給付の延長などである。

一方、中長期の課題である、米国の家計が抱える負債の圧縮や経済のバランスシート調整は進んでいない。住宅市場にはまだ調整圧力が残っている。欧州危機の再燃など悪材料が出て、カンフル剤の効果が剥落すると、再び悲観色が強まるという循環を繰り返す。
ECBが危機を封じ込め

引き続き世界の金融市場の焦点である欧州の危機は、ECB(欧州中央銀行)による巨額の資金供給によって抑え込まれている。11年12月に実施された1回目の3年物LTRO(longerterm refinancing operations=長期の担保融資)では、523の金融機関が約4900億ユーロの調達を行った。今年2月29日のオペでも同程度の規模になると予想されている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。