くすぶり続けるギリシャ危機、ユーロ離脱の可能性

このところの金融市場を見ると、欧州の危機は小康状態にある。株価も上昇している。日米がそろって金融緩和策を打ち出したことで一種の「金融相場」が出現した形だ。しかし、これは一種のバブルで、長続きするとは思われない。

米国では、株価の上昇と良好な景気指標の発表が続いていることで、楽観的なムードが漂っている。同じ現象は昨年の今頃もあった。クリスマス商戦を控えた秋口から金融緩和モードに入り、政治的にも予算の取りまとめに際して、財政が緩みがちになるからだ。昨年はQE2(量的緩和第2弾)とブッシュ減税の延長、今年は、2014年後半まで引き延ばされたゼロ金利政策、給与税減税の延長や緊急失業給付の延長などである。

一方、中長期の課題である、米国の家計が抱える負債の圧縮や経済のバランスシート調整は進んでいない。住宅市場にはまだ調整圧力が残っている。欧州危機の再燃など悪材料が出て、カンフル剤の効果が剥落すると、再び悲観色が強まるという循環を繰り返す。
ECBが危機を封じ込め

引き続き世界の金融市場の焦点である欧州の危機は、ECB(欧州中央銀行)による巨額の資金供給によって抑え込まれている。11年12月に実施された1回目の3年物LTRO(longerterm refinancing operations=長期の担保融資)では、523の金融機関が約4900億ユーロの調達を行った。今年2月29日のオペでも同程度の規模になると予想されている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT