金融クライシス 新グローバル経済と日本の選択 田中直毅著 ~新たな「秩序」を訪ね歩き「今」を解析する

「グローバルな、あるいは地域的な統合」の難しさを露呈した欧州。「EUという単位で『産業再生機構』」を設立することが可能なのか。あるいは「押し入れ」に「散らかしもの」が押し込まれたままの米国の金融市場。しかし米国の銀行のあり方を考える際には「経済的」な問題とは別に、あえていえば社会的考察が不可欠なようである。

「新旧の勢力が入り混じりながら」も「政策目標の実効性と有効性という概念」がやっと定着してきた新興国としてのロシア。「革命は何を克服し、何を課題としてなおも残しているのかが、内外から問われる」中国。その中国が、悪化する雇用情勢と、「反腐敗」と「民族主義」という軸を背景に「外側社会との調和にどれだけ重点をおくのか」は、東アジア全体に関わることであり、日本の立ち位置からも見逃せない。

20世紀の残滓を点検しつつ、新たな「秩序」を訪ね歩く著者の「知の格闘術」というべき営為を通して、私たちの立っている「今」を知ることができる。

たなか・なおき
経済評論家、国際公共政策研究センター理事長。1945年生まれ。東京大学法学部卒業。東大大学院経済学研究科修士課程修了。国民経済研究協会主任研究員を経て、84年より本格的に評論活動を始める。21世紀政策研究所理事長を経て2007年より現職。

新潮社 1680円 313ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT