三軒茶屋は上京したての「月給23万OL」が選ぶ

都会の女の第一歩はここから始まる

適度におしゃれで、適度にださい中途半端さが気に入っている

かといって、「自由が丘」や、「恵比寿」はハイソすぎて敷居が高い。街を歩いてる人もとにかくおしゃれだし、美人なんだよ。東京の女性って華やかな雰囲気があるよね。ちょっとスーパーに、コンビニにって思っても、部屋着のままでなんかとんでもないって感じ。街から「田舎者」って笑われてる気がして。残念だけど、私にはまだ早いかな。

結局は、おしゃれすぎず、かといってアングラすぎもしない、適度におしゃれで、適度にださい、ちょっと私っぽい、この中途半端さが好きなんだろうな。

だから私は、東京での社会人生活を、ここ三軒茶屋から始めることに決めたの。

夜24時から友達とお茶、「東京にいる」って感じがする

24時の誘いにだってドキドキしながら玄関を出ちゃう

レストランっていうには少しはばかられるような、でもとびっきりに美味しい飲食店や、深夜までやってるおしゃれなカフェが多いのも三軒茶屋の好きなところ。

深夜24時くらい突然携帯が鳴って、近所に住んでる会社の同期から「今なにしてる?お茶しよう」とか、「今飲んでるんだけど、こない?」って連絡がくることが時々あって、そんなとき、真夜中に遊ぶ選択肢があるんだなぁってちょっと感動(笑)。

「もうパジャマだよ」って面倒くさがりながらも、メイクをして着替えて玄関を出て行くときの高揚感ってどう表現したらいいんだろう? 「あぁ、私東京で生活してるんだ」ってドキドキするんだ(笑)。

東京で、少しずつ仕事も覚えていって、少しずつ友達もできていって、こうして夜お茶するのが、今はうれしくて幸せ。

あ、最近三軒茶屋のことを、「さんちゃ」って言い始めたんだ。まだ、言う時は、顔がにやけちゃうけどね(笑)

週5は自炊。だけど、ピーコックはあまり行かない

時々ね、お母さんからダンボールに入った野菜とお米が届く。「いらないよ」って言ってるのに。

けど、正直すごいありがたい。東京には素敵なレストランもカフェもファストフードもたくさんある。だけど、私は、お給料はそんなに多くないし、外食ばっかり続けてたら健康とおカネがなくなっちゃう。少しの贅沢を楽しみに、週の過半数は自炊することにしてるんだ。

三軒茶屋に決めた理由も、自炊ができる環境があって、「ちゃんとした生活」を送ることができるから。

週の半分は自炊してる

サミットや、西友、24時間営業のフーディアムもあるし、肉のハナマサもある(笑)。この前お母さんが遊びにきたときに、一緒に行ってみたら、とにかくそのボリュームにびっくりしてた。ピーコックは、少し高いから、あまり行かない。

メニューを決めてからスーパーに行くんじゃなくて、スーパーに着いて、その日の特売の食材を買うの。

私なかなか賢い主婦になるなって最近思うよ。今は、まだ仕事でいっぱいいっぱいで、彼氏なんて作る余裕もないけど、もう少ししたら……狭いけどうちに呼んで、手料理を作ってあげたいな。

東京で素敵な彼氏ができたら…‥きっと楽しいだろうな。

餃子屋さんと、たこやき屋さんが多い街

三軒茶屋って、なぜか餃子店とたこやき店が多いんだよね。

東京餃子楼』だけでもなぜか3店舗あるし、たこ焼きも多い。『ラヂオ焼 粉もん屋』に、『元祖どないや』に、駅前に『銀だこ』もあるしね。早い安い旨いっていうのが好きなんだろうね。本当は、きっとみんな好きなんだけど、ダイエットとか、おしゃれさとか気にしちゃうんだろうね(笑)。まぁ、私ももちろん気にするし、東京に来てから、2キロくらい太っちゃった。

けど、三軒茶屋の人って、好き!じゃあ行こう!がシンプル。飾らない街と人。そういうところもこの街の好きな理由のひとつかな?

あ、今思ったけど、もし彼氏ができたら、その彼氏は、この街のような飾らない笑顔が似合う人だったら最高だね。その人と、たこ焼き頬張りながら、私の家に帰るとか、幸せだろうなぁ……今はまだ完全に妄想だけどね(笑)。

次ページ彼女を大人にする三茶の名店
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
貨幣になれなかった<br>ビットコインの必然

投機対象になってしまったビットコイン(仮想通貨)。だがその初志は、自由放任主義にせよ、共同体の中で純粋な貨幣を目指すものであった。『貨幣論』の著者岩井克人氏が、ビットコインをめぐる熱狂とバブル崩壊、貨幣の本質を語る。