カヤックの働き方は、こんなに「漫画チック」

突撃!「面白法人」のワーク・ルールズ:後編

柴田:自分のやりたい方向に向けて、キャリアも案件も徐々に動かしていくという感じですね。

松原:そこをプロデューサー側がいかに巻き込むか。コミュニケーションをとって巻き込んだもの勝ちですよね。

三好:巻き込めるというのはすごいことなのです。面白くなかったら誰も巻き込めませんから。

松原:私は先日、外部の打ち合わせに連れて行かれました。まだ案件にもなっていないものでブレストがメインでしたが、メディアの運営をするという企画でした。「私がなんでここにいるのだろう?」と思いながら。必要とされるなら、行きましょうみたいな。

画像を拡大
今回の取材を受けてくださったお三方。カヤックの名刺には、すべて本人をキャラクター化したイラストが印刷されている

三好:実は、名刺を出したときに先方さんが戸惑ってしまうのです。どうして人事とか広報の人がやって来るのですか、みたいな反応をされます。

松原:ほかの会社から見ると、そういう立場の人が出てくることが想像できないからでしょうが、一緒に連れていくディレクターは、なぜ人事の人を同席させるか、カヤックの社内では当たり前のことだから紹介すらしないのです。

典型的な日本企業の人にはつらい職場?

──逆に見てみると、典型的な日本企業にいる人にとっては、けっこうつらい職場かもしれませんね。

松原:そういう会社から転職してきた人は、私たちの働き方がよくわからないと言います。よく私は、「それは広報の仕事なんですか?」と言われます。それには、何かやったほうがよさそうだからやっています、というような答えをします。

三好:僕も、自分のタスクの半分ぐらいは、人事とは関係ないことをやっている気がします。

──典型的な日本企業からでは、つらい職場だと思ってカヤックさんを見ると面白いですね。

柴田:逆に、そっち側のことをもっと知ったら、新しいアイデアが出るかもしれませんね。僕らにとって当たり前のことが、ほかの会社にとって当たり前でないことを理解していませんからね。

僕もカヤックに入ったとき、仕事をどうやって進めていけばよいかがまったくわかりませんでした。みんながバラバラなことを言うので、これはいったい誰に確認して誰が許可したらよいかと。結局は、自分でOKを出して進んでいいと気づくまで、進みませんでした。

松原:よく聞かれる質問で、「あの人とこの人が言っていることが違います、どうしたらよいのですか?」というのがあります。たとえば、「社長とリーダーが言っていることが違います」みたいな。でも、カヤックではどちらでもかまわない。入社して間もない人は、これに戸惑います。それぞれ好きなことを自分の価値観で言っているだけですから、自分で考えて自分で決めなさい、と。

三好:基本は、自分でいいと思うほうを採用すればと思います。クリエーターとしてはいいものを作ればいいだけですから。両方が言っていることのさらに上のアイデアが出せれば、理想的ですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。