アンテナが「ハフポ」との契約を止めた理由

メディアを「質」で選別する時代が始まった

杉本社長は次のようにも言う。

「オリジナリティがなくても、まとめかたが秀逸、というメディアはある。しかし、われわれがそれを助長したくはない。ビジネスモデルの一つの歯車に組み込まれてしまうのは本意ではない」

「日本人は民度が高く、その商品がB級なのかそれ以上のものかは五感でわかる。ところが、ウェブメディアにはB級が溢れてしまっている。この流れを変え、多くの日本人に本物の記事に触れてほしいという思いがある」

杉本社長の主張に、共感を持つメディア関係者は多いはずだ。

他社はどうするのか

もちろん今回、"品質の低いメディア"として排除された側にも、反論はあるだろう。

複数の記事をまとめて見せる記事、あるいは長文のニュースをざっくりと解説する記事は二次創作物と言えなくもない。そこでは一定程度の創造性が発揮されていることは間違いない。

二次創作物を作っているメディアの目線では、自前で取材をしているメディアよりも創造力を発揮しているとの自負があるかもしれない。実際、取材をしたといっても、記者会見を伝える記事などがソックリであることは、頻繁にあることだ。記者を雇うことで「形式としてのオリジナリティ」を備えているメディアにも、課題は突きつけられている。

アンテナは新しいステージに進んだ。このアンテナの決断を受けて今後、ヤフー、グノシー、スマートニュースなどは、どのような対応をするだろうか。大いに注目されるところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT