アンテナが「ハフポ」との契約を止めた理由

メディアを「質」で選別する時代が始まった

アンテナは、いったい何を基準に提携メディアの絞り込みを行ったのか。杉本社長は「7月以降、30ほどの指標を設けて提携メディアにスコアを付けていった。その結果、問題があると判断したサイトについては契約解除を申し入れた」という。

「他社の記事をコピーするようなメディアの記事を拡散させることは、そうした行為の片棒をかつぐことに等しい。これへの問題意識は社内にずっとあった。影響の大きさも考えて逡巡もあったが、今回、きちんとやることを決めた」

スコアリングに当たっては、2012年5月のサービス開始からこれまでに蓄積されたビッグデータ、さらに杉本氏が創業したマクロミルで培ったデータ解析のノウハウも活用したという。

画像のオリジナリティを重視

アンテナはビジュアルを重視したアプリ。そのため、記事内容のオリジナリティだけでなく、重要な評価項目としたのが、画像や動画のオリジナリティだ。「フリー画像を使用している、会社が提供する宣材に頼っている、フェイスブックなどから無許可に借用している、という例が非常に多い。スコアリングに当たっては、それぞれ減点の対象にした」。

その結果、残った250のメディアのうち100%オリジナルの画像を使用しているメディアの数が全体の40%、半分以上オリジナル画像を使用しているところが45%になったという。残り15%には、オリジナル画像比率は低いものの、記事には独自性があるため契約を続けるオールアバウト(AllAbout)などがある。

グライダーアソシエイツの杉本哲哉社長は「染みついているカルチャーは直らない」という

結果として、残った250メディアのうち、7割近くが雑誌、書籍、テレビ局などウェブ以外のメディアを持っているところだ。とはいえ、個人が運営するようなメディア、企業が運営するオウンドメディアも多数残っており、老舗メディアを優遇したわけではない。

契約解除の通告はどのように行ったのか。「アンテナはすべてのメディアと配信契約を結んでいる。紙の契約文書があるのでそれに則って話を進めていった。メディア側からは『問題があれば修正するので契約を続けたい』という声もあったが、これは染みついているカルチャーであって簡単には直らない。反発があることは覚悟の上でこちらの方針を貫かせてもらった」(杉本社長)。

次ページ「多くの日本人に本物の記事に触れてほしい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT