スズキ、保有のVW株をポルシェに譲渡

売却益は367億円

スズキは26日、保有する独フォルクスワーゲン(VW)の全株式を、VWの過半数を持つポルシェ・オートモービル・ホールディングSEへ譲渡し、売却益が約367億円発生すると発表した。写真はVWのロゴ。24日撮影(2015年 ロイター/Jim Young)

[東京 26日 ロイター] - スズキ<7269.T>は26日、保有する独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の全株式を、VWの過半数を持つポルシェ・オートモービル・ホールディングSE<PSHG_p.DE>へ譲渡し、売却益が約367億円発生すると発表した。

スズキは売却益を2015年第2・四半期(7―9月期)に特別利益として計上する。売却価格は両社の契約により開示しない。

スズキとVWは25日(ドイツ時間)に売却契約を締結。スズキは保有するVW株約1.5%分、439万7000株を30日(同)、ポルシェ・オートモービル・ホールディングSEへ売却する予定。

スズキとVWは8月末の国際仲裁判断を受けて資本提携関係の解消を発表し、それぞれの保有株式を売却することを公表していた。スズキはすでに、VWが保有していたスズキ株(約19.9%分、1億1161万株)を17日(日本時間)に総額約4600億円かけて買い戻した。

 

(白木真紀)

人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。