ジョーンズ監督「敗戦の責任はすべて自分に」

日本の次戦は10月3日にサモアと

 9月24日、ラグビーのW杯イングランド大会で23日にスコットランドに10─45の完敗を喫した日本代表のエディー・ジョーンズ監督は、敗戦の責任はすべて自分にあると発言した(2015年 ロイター)

[ロンドン 24日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で23日、スコットランドに10─45の完敗を喫した日本代表のエディー・ジョーンズ監督は24日、敗戦の責任はすべて自分にあると発言した。

ジョーンズ監督は「振り返ってみると、いくつかのことを間違えていたようだ。セレクションを見誤り、メンタルの準備も方法を間違えていた。それらはすべて私の責任」とコメント。

一方で、「みんな結果にはがっかりしているが、切り替えて次の試合に進むこともW杯の一部。大会前に2試合を終えて1勝1敗になると知らされていたら、喜んで受け入れていただろう。準々決勝進出という目標に向けて、われわれはいい位置につけている」と語った。

ジョーンズ監督は続けて、南アフリカ戦の歴史的金星の影響で、大会前には想像できなかったほどの注目を浴びるようになり、集中力を少し失ってしまったかもしれないとも分析。「それを取り戻させることが自分の仕事」と話した。

日本の次戦は10月3日、サモアと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。