文書は最低西暦を併記、統計からは元号一掃を

文書は最低西暦を併記、統計からは元号一掃を

「明治40年から平成10年まで」などと言われて、それがいったい通算で何年になるのか、即答できる人は少ないだろう。

特に困るのが統計だ。国内統計と海外統計を対比する場合など、政府が発表する統計類はほぼすべてが元号を使用、一方、対比する海外統計は当然、西暦表示である。

また、企業が発表する文書は、役所や証券取引所に提出するものは元号表示、一般向けのものは西暦表示となっていることが普通である。このため、たとえばアナリスト向け決算説明会などで配られる資料は、証券取引所に提出する「決算短信」が元号表示、決算説明会のために作成した資料が西暦表示となっているのが普通だ。作成側も余計な手間がかかるが、読み手をも煩わしくさせるだけで実にバカバカしい。

ある企業のIR(投資家向け広報)担当者に、なぜ決算短信には元号表示を使うのか聞いてみた。すると、「東京証券取引所(東証)が発行した決算短信の雛型が元号表示になっているから」との答え。そこで東証に聞いてみると、「雛型は確かにそうしているが、西暦を使うことを企業に禁じているわけではない」と答えた。

要するに「“お上”の意向を忖度(そんたく)して、無難な道を取る」といういかにも日本的なやり方を、一般企業も東証も選んでいるだけのようだ。
 元号表示のデメリットを列挙してみると次のようになる。

第一に、元号表示は、改元のたびにリセットされるから、暦として最も重要な要素である連続性がない。そのため、歴史、統計、年齢などを扱うときに非常に面倒だ。また、官庁統計をダウンロードして自分のパソコンに保存しておくことも珍しくなくなったが、官庁統計のデータは、年号を西暦に直さなければまったく使いものにならない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。