休職して元気に海外旅行へ--最近企業で続出する「新型うつ」

 

現状は有効な手立てなし

現状では、「新型うつ」に対する有効な手立てはほとんどない。病気といえば病気であり、荒っぽい処置は採れないのだ。

「バカヤロー、どこまで甘えているのか、会社に出てきて死ぬ気で仕事しろ」そんなことを言えば、収拾のつかない大トラブルに発展しかねない。

「当社は新型うつをこうして克服した」。企業の総務部担当者としては、そうしたサクセス事例を知りたがっているが、実情はお手上げ状態にほかならない。

「人材を育成するという視点で人間的に成長を促す。社会的な規範を尊重できる大人としての人間に育てる。本人から話を何度も聞き取り、話し合いを続けて、本人の自発的な頑張りをほどよく引き出すようなことが必要です」

ソフィアカウンセリングの清水代表は、新型うつについて、人材育成の視点で、社会で生きていける人間に成長を促す必要性を語っている。膨大な努力や労力が必要だ。

(東洋経済HRオンライン編集部)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT