経済成長至上主義を今こそ再考すべきだ--ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授


経済成長を目指すのは威信と安全保障のため

ほかのリスクや配慮を無視してまでも、長期的な平均所得の伸びを永遠に最大にすることには、一種のばかばかしさがある。

単純な思考実験をしてみよう。1人当たりの国民所得(または幸福についての何らかの広範な尺度)が今後200年に毎年1%増加する見込みだとしよう。この数字はここ数年の先進国における趨勢的な1人当たりの伸び率におおよそ相当する。年率1%の所得の伸びだと、今から70年後に生まれる世代の平均所得は今日のおよそ2倍となり、200年後の所得は8倍となる。

次に経済成長率がもっと高く、1人当たりの所得が年2%増加するとしよう。この場合、1人当たりの所得はたった35年で2倍になり、100年後には8倍になる。

そして最後に、1人当たりの所得が8倍になるのに100年かかるのか、200年あるいは1000年かかるのかが、どれぐらい気になるか自問してほしい。むしろ世界的な経済成長の長期的な持続可能性や永続性を心配したほうが理にかなっているのではないだろうか。紛争や地球温暖化が、数百年以上にわたって社会に影響を及ぼす大惨事を引き起こさないかと心配したほうが理にかなっているのではないだろうか。

ある人が自らの子孫を狭くとらえるとしても、その人は子孫が将来の社会で繁栄し、貢献していることを望むはずだ。子孫がその人の世代よりもかなりよい暮らしをしているとすれば、子孫の絶対的な所得水準がどれだけ重要であるというのか。

多くの国々で経済成長至上主義の深層に横たわる論理の一つは、おそらく国家の威信と安全保障に対する懸念から来ている。歴史家のポール・ケネディは、『大国の興亡』の中で、長期的に見れば、同時代の国々と比較した一国の富と生産力が、その国の世界的な地位を決める決定的な要因だと結論づけた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT