トヨタ、BMWとの共同開発を年末までに決定

スポーツカーの開発プロジェクト

 9月16日、トヨタはBMWとのスポーツカー共同開発について、年末までに決定すると明らかにした。写真はBMWのスポーツカー。ミュンヘンで昨年6月撮影(2015年 ロイター/Michaela Rehle)

[フランクフルト 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>の幹部は16日、独BMW<BMWG.DE>とスポーツカーの共同開発を進めていくかどうかについて、年末までに決定することを明らかにした。

トヨタとBMWは、燃料電池および軽量化技術で提携してきているほか、スポーツカーの車台の共同開発にも乗り出す可能性がある。

フランクフルト国際自動車ショーに出席しているトヨタ欧州部門を率いるJohan van Zyl氏はロイターに対し、これらBMWとの提携は順調に進展していると語った。

トヨタの広報担当は、共同開発するスポーツカーの車台や構造などに関する研究が極めて円滑に進んでいることを確認。「スポーツカー共同開発プロジェクトへのゴーサインはまだ出ていない」としつつも、「年末までに、共同開発を行うか否かの決定を行う」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。