トヨタ、BMWとの共同開発を年末までに決定

スポーツカーの開発プロジェクト

 9月16日、トヨタはBMWとのスポーツカー共同開発について、年末までに決定すると明らかにした。写真はBMWのスポーツカー。ミュンヘンで昨年6月撮影(2015年 ロイター/Michaela Rehle)

[フランクフルト 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>の幹部は16日、独BMW<BMWG.DE>とスポーツカーの共同開発を進めていくかどうかについて、年末までに決定することを明らかにした。

トヨタとBMWは、燃料電池および軽量化技術で提携してきているほか、スポーツカーの車台の共同開発にも乗り出す可能性がある。

フランクフルト国際自動車ショーに出席しているトヨタ欧州部門を率いるJohan van Zyl氏はロイターに対し、これらBMWとの提携は順調に進展していると語った。

トヨタの広報担当は、共同開発するスポーツカーの車台や構造などに関する研究が極めて円滑に進んでいることを確認。「スポーツカー共同開発プロジェクトへのゴーサインはまだ出ていない」としつつも、「年末までに、共同開発を行うか否かの決定を行う」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。