トヨタ、BMWとの共同開発を年末までに決定

スポーツカーの開発プロジェクト

 9月16日、トヨタはBMWとのスポーツカー共同開発について、年末までに決定すると明らかにした。写真はBMWのスポーツカー。ミュンヘンで昨年6月撮影(2015年 ロイター/Michaela Rehle)

[フランクフルト 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>の幹部は16日、独BMW<BMWG.DE>とスポーツカーの共同開発を進めていくかどうかについて、年末までに決定することを明らかにした。

トヨタとBMWは、燃料電池および軽量化技術で提携してきているほか、スポーツカーの車台の共同開発にも乗り出す可能性がある。

フランクフルト国際自動車ショーに出席しているトヨタ欧州部門を率いるJohan van Zyl氏はロイターに対し、これらBMWとの提携は順調に進展していると語った。

トヨタの広報担当は、共同開発するスポーツカーの車台や構造などに関する研究が極めて円滑に進んでいることを確認。「スポーツカー共同開発プロジェクトへのゴーサインはまだ出ていない」としつつも、「年末までに、共同開発を行うか否かの決定を行う」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT