ドコモ、通話定額のライトプラン提供へ

「カケホーダイライト」とは?

 9月16日、NTTドコモは、1回5分以内の国内通話が月額1700円(税別)でかけ放題となる料金プランを25日から提供すると発表した。写真は都内のドコモショップ、2013年7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 16日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は16日、1回5分以内の国内通話が月額1700円(税別)でかけ放題となる料金プランを25日から提供すると発表した。すでにKDDI(au)<9433.T>とソフトバンクが同様のサービスの提供を発表しており、これで3社が横並びとなった。

米アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン(スマホ)「iPhone6s」の発売を目前に控え、先行する2社に追随することで顧客流出を防ぐ。

ドコモが導入するのは「カケホーダイライト」。月額2700円で国内通話が無制限にかけられる「カケホーダイ」に比べて、定額でかけられる通話時間を1回5分以内に制限する代わりに月額料金を1000円安くした。5分を超過した場合は、30秒ごとに20円の通話料がかかる。

組み合わせるデータ量に条件があり、5ギガバイト以上の契約が必要。auとソフトバンクもデータ量に制約を設けており、auは3ギガバイト以上、ソフトバンクは5ギガバイト以上が必要となる。3社とも新プラン導入による音声ARPU(1契約当たりの月間平均収入)の低下圧力をデータ収入の増加で補いたい考えだ。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。