ドコモ、通話定額のライトプラン提供へ

「カケホーダイライト」とは?

 9月16日、NTTドコモは、1回5分以内の国内通話が月額1700円(税別)でかけ放題となる料金プランを25日から提供すると発表した。写真は都内のドコモショップ、2013年7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 16日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は16日、1回5分以内の国内通話が月額1700円(税別)でかけ放題となる料金プランを25日から提供すると発表した。すでにKDDI(au)<9433.T>とソフトバンクが同様のサービスの提供を発表しており、これで3社が横並びとなった。

米アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン(スマホ)「iPhone6s」の発売を目前に控え、先行する2社に追随することで顧客流出を防ぐ。

ドコモが導入するのは「カケホーダイライト」。月額2700円で国内通話が無制限にかけられる「カケホーダイ」に比べて、定額でかけられる通話時間を1回5分以内に制限する代わりに月額料金を1000円安くした。5分を超過した場合は、30秒ごとに20円の通話料がかかる。

組み合わせるデータ量に条件があり、5ギガバイト以上の契約が必要。auとソフトバンクもデータ量に制約を設けており、auは3ギガバイト以上、ソフトバンクは5ギガバイト以上が必要となる。3社とも新プラン導入による音声ARPU(1契約当たりの月間平均収入)の低下圧力をデータ収入の増加で補いたい考えだ。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。