「環境技術で他社と提携する可能性低い」−−独VWの担当役員が語る

「環境技術で他社と提携する可能性低い」−−独VWの担当役員が語る

独フォルクスワーゲン(VW)で電気駆動部門を担当するルドルフ・クレープス執行役員(=写真=)は18日、東京都内で報道陣のインタビューに応じ、「今後、VWが環境技術で他社と提携する可能性は低い」などと語った。

主なやりとりは以下の通り。

--電動技術を搭載したハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)、電気自動車(EV)を何車種投入するのか。

2013年半ばに初の量産EVとなる「Up!」、13年後半には基幹車種である「ゴルフ」のEVを投入する。EVは日本向けにも、Up!から投入することになるだろう。HVはすべての車種で対応する準備があり、そのうちいくつかはPHVとなる。HV、PHV、EVを合わせた電動技術を搭載した車種は、15年には世界で10車種以上になると思う。

VWグループは「VW」を始め、「アウディ」「ポルシェ」など複数のブランドを展開する。小型車の多い「セアト」や「シュコダ」でも、Up!のプラットフォームを使ってEVなどを展開する予定だ。

VWは18年に販売台数1000万を掲げているが、そのうち電動技術を搭載した車種(HVとPHV、EV)は30万台の販売を見込んでいる。普及への課題はやはりコストだ。現状の電動駆動ユニットは、従来のガソリンエンジンに比べおよそ5倍高い。電動駆動ユニットのコストの半分以上はバッテリーであり、今後はバッテリーのコスト低減が課題になる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT