「環境技術で他社と提携する可能性低い」−−独VWの担当役員が語る

--バッテリーのコスト低減にはどう取り組む?

リチウムイオン電池を手掛けるメーカーはまだ少ないが、今後本格的に量産が始まるだろう。18年までにバッテリーコストは半減できると考えている。そうでなければ、われわれは電動車を普及できたとはいえない。VWはバッテリーを外部から調達する一方で、モジュール化、パッケージ化は自社で行う。今後、量が出ればそうした内製化コストも低減できる。

--0・9リットルの燃料で100kmを走る「XL1」(昨年1月カタールモーターショーでコンセプトカーを公表)の現状は?

13年には少量生産を開始するつもりだ。同車は2気筒の直噴ディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたPHV(2人乗り)で、カーボンファイバーを採用した軽量化ボディなどが特徴だ。まだ価格はいえないが、PHVのシステムを始め非常に現実的な構成であり、量産車とも一部の部品を共有している。生産開始に向け開発陣の意欲は高い。

--VWは電動技術をすべて自前で開発するのか。

VWが他社と提携する可能性は低い。われわれにはグループで800万台というボリュームがある。他社とやるよりも、グループ内で共同開発するほうが理にかなっているし、効率も良い。われわれは電動技術をモジュール化、標準化しており、横展開しやすいことも強みだ。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。