中国「北戴河」、今は寂しきリゾート、閑散期も必要な維持管理

河北省秦皇島市の渤海湾に面した一角に、北戴河のリゾート地が広がる。北戴河の浜辺を歩いていると、有刺鉄線に囲まれたエリアに出くわす。「内部浴場、入るべからず」との表示板が掛けられ、一般人の立ち入りを阻んでいる。

そこは、中央政府や国有企業が保有するリゾート施設が100余りも建ち並ぶ場所。北戴河で最も風光明媚な南東部に林立し、木の生い茂った広々とした庭もあるぜいたくな造りが広がる。内部の施設やサービスを見れば、普通のホテルと大差はない。会議を開く部屋があり、食事もできる。囲碁やトランプをする娯楽室なども備わっている。

ただ、ここがにぎわうのは7月と8月の2カ月だけだ。1年のうち大半は閑散期になるが、その間もサービススタッフに給料を支払い、光熱費も膨大にかかる。施設維持費で毎年、数百万~数千万元もの赤字だ。

あるリゾート施設の保守点検担当者兼運転手の劉さんが語る。「冬の閑散期になっても、すべての仕事を粛々と続けなければならない。エレベーターの定期点検、芝生の手入れ、暖房だって切るわけにはいかない。暖房にスチームを通さないと、凍結し破裂してしまうからだ」。

毎年計上される膨大な赤字はどう補うのか。これはリゾート施設の所有主である各国家機関が補填することになる。しかし、直接リゾート費用としては補填できない。名目上はリゾート施設の拡張やリニューアルなどの修繕維持費として請求する。たとえば、正味の修繕維持費が500万元ならば、1000万元を申請して赤字補填に回す。あるリゾート施設の責任者はそう話してくれた。

北戴河の夏と冬の姿は、まったく違う世界だ。「夏は180人ものサービススタッフがここに寝起きするが、冬になると、20~30人の長期雇用の人だけになる」。劉さんは、毎年夏に新しいサービススタッフを募集するのだと教えてくれた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。