神戸製鋼が行うラグビーを通じたCSRへの取り組み、CSR(企業の社会的責任)活動成功の秘訣

取材日は中学・高校生の部の練習日だった。神戸製鋼コベルコスティーラーズの練習が終わり、午後6時を過ぎると中学生、高校生、大学生が隣のグラウンドに続々と集合してきた。
 


■夕方に行われていた神戸コベルコスティーラーズの練習

6時半を過ぎると本格的な練習が開始された。年齢差も体格差も大きい。女の子もいる。それぞれのレベル差を考慮しながら、ラグビーの楽しさを経験することを優先に基本プレー中心のプログラムが組まれている。また、動きの激しいスポーツであるため、ケガをしないために細心の注意が払われていた。



■ケガに気をつけながら真剣にタックルの練習

SCIXでは「ラグビーは人間形成のための1つの手段。レベルアップは学校のクラブなどに任せればよい」(元木氏)と考える。

練習中にコーチから大きな怒鳴り声が聞こえてくることはない。自由な雰囲気で少しのんびりした感じもする。中学生や高校生は試験などで休んでも構わない。天候が悪いときは武藤コーチ自らが出席確認のためにメンバーにメールを送ることもある。このチームには体育会系の厳しさは感じられない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。