干ばつでカリフォルニアワインはどうなる?

乾燥に強い新たなブドウ栽培方法模索も

カリフォルニア・パソロブレスでワイナリーを経営している男性。カリフォルニアでは干ばつが問題となっているが、乾地農法によりブドウ栽培は成功しているという

ワインの世界的な産地として知られるカリフォルニア州では今年、干ばつが大きな問題となっている。ところが同州ナパバレーのスプリング・マウンテンにあるワイナリー「スミス・マドローン・ビンヤーズ」では、雨が降らないことは大した懸念材料にはなっていない。

異常気象で例年より生育が早まる

それよりも気がかりなのは、1〜2月にかけて気温が異常に高く、例年より早くブドウの生育が始まってしまったことだ。

カリフォルニアワインの原材料となるブドウ

5月には急な寒波に襲われた。そのために収穫量が40〜50%減少したというという生産者も少なくない。7月の気温も予想より低かった。そして8月。ナパバレーの多くの地域では、例年よりも早くブドウの収穫期が訪れた。

「普通にひどい年だった」と言うのは、この農園で弟とともに44年にわたってブドウを育ててきたスチュワート・スミスだ。これまでに異常気象を何度となく経験してきた彼にとっては、山火事のほうが心配だ。

干ばつのせいでカリフォルニア州全域が砂漠化したような印象を多くの人が持っているかもしれない。だが、今年7月に同州各地のワイン産地を歩いたところ、状況は場所によってさまざまだ。

カリフォルニア州の干ばつは今年で4年目だが、影響は地域により異なる。パソロブレス東部やセントラルバレー(安価な大量生産ワイン用のブドウが採れるところだ)のようにひどい被害を受けているところもあれば、ノースコーストのように影響の少ないところもある。

次ページワイン醸造業のあり方を問い直す
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。