オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスは6日、巨額の損失隠しについて調査していた「第三者委員会」の調査報告書を公表した。
 
 報告書によると、オリンパスは1985年以降、本業の業績悪化を補うために財テクに手を染め、バブル崩壊によって90年代後半には1000億円弱の損失を抱えるに至った。時価会計の導入に伴い、それらの損失が表面化することを回避するため、損失隠しを行うようになった。
 
 損失隠しについては、歴代の経営陣には報告がなされており、「裏の最優先経営課題」と位置づけられていたという。
  
 オリンパスの公表した報告書は以下リンク(閲覧には会員登録(無料)が必要です)。
 
 第三者委員会調査報告書【要約版】
 第三者委員会調査報告書(1)
 第三者委員会調査報告書(2)
 第三者委員会調査報告書(3)
 第三者委員会調査報告書(別紙)


◆オリンパスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。