オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスは6日、巨額の損失隠しについて調査していた「第三者委員会」の調査報告書を公表した。
 
 報告書によると、オリンパスは1985年以降、本業の業績悪化を補うために財テクに手を染め、バブル崩壊によって90年代後半には1000億円弱の損失を抱えるに至った。時価会計の導入に伴い、それらの損失が表面化することを回避するため、損失隠しを行うようになった。
 
 損失隠しについては、歴代の経営陣には報告がなされており、「裏の最優先経営課題」と位置づけられていたという。
  
 オリンパスの公表した報告書は以下リンク(閲覧には会員登録(無料)が必要です)。
 
 第三者委員会調査報告書【要約版】
 第三者委員会調査報告書(1)
 第三者委員会調査報告書(2)
 第三者委員会調査報告書(3)
 第三者委員会調査報告書(別紙)


◆オリンパスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT