オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスは6日、巨額の損失隠しについて調査していた「第三者委員会」の調査報告書を公表した。
 
 報告書によると、オリンパスは1985年以降、本業の業績悪化を補うために財テクに手を染め、バブル崩壊によって90年代後半には1000億円弱の損失を抱えるに至った。時価会計の導入に伴い、それらの損失が表面化することを回避するため、損失隠しを行うようになった。
 
 損失隠しについては、歴代の経営陣には報告がなされており、「裏の最優先経営課題」と位置づけられていたという。
  
 オリンパスの公表した報告書は以下リンク(閲覧には会員登録(無料)が必要です)。
 
 第三者委員会調査報告書【要約版】
 第三者委員会調査報告書(1)
 第三者委員会調査報告書(2)
 第三者委員会調査報告書(3)
 第三者委員会調査報告書(別紙)


◆オリンパスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。