オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

拡大
縮小
オリンパスが損失隠しに関わる「第三者委員会」の調査報告書を公表

オリンパスは6日、巨額の損失隠しについて調査していた「第三者委員会」の調査報告書を公表した。
 
 報告書によると、オリンパスは1985年以降、本業の業績悪化を補うために財テクに手を染め、バブル崩壊によって90年代後半には1000億円弱の損失を抱えるに至った。時価会計の導入に伴い、それらの損失が表面化することを回避するため、損失隠しを行うようになった。
 
 損失隠しについては、歴代の経営陣には報告がなされており、「裏の最優先経営課題」と位置づけられていたという。
  
 オリンパスの公表した報告書は以下リンク(閲覧には会員登録(無料)が必要です)。
 
 第三者委員会調査報告書【要約版】
 第三者委員会調査報告書(1)
 第三者委員会調査報告書(2)
 第三者委員会調査報告書(3)
 第三者委員会調査報告書(別紙)


◆オリンパスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT