Netflixとソフトバンクが業務提携

ソフトバンクユーザーにサービス提供

 8月24日、ソフトバンクは米動画配信サービス大手ネットフリックスと業務提携したと発表。ネットフリックスのロゴ、カリフォルニアで昨年10月撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[東京 24日 ロイター] - ソフトバンクは24日、米動画配信サービス大手ネットフリックス<NFLX.O>と業務提携したと発表した。ソフトバンクのユーザーを対象に、申し込み受付から料金請求までを一貫して提供するほか、オリジナルコンテンツの共同制作も検討する。

動画サービスを強化することで、スマートフォン(スマホ)や光ファイバーサービスの加入者増につなげたい考えだ。

ネットフリックスが9月2日に日本でサービスを開始するのに合わせ、受け付けを始める。会見した宮内謙社長は「光サービスやスマホをもっと普及させたい。ユーザーが自分でクリックして申し込むのは結構ややこしいので、サポートすることで光サービスの数も上がっていくだろう」と期待感を示した。

ソフトバンクはエイベックス・グループとも共同で動画サービス「UULA」を提供しており、その棲み分けも課題となる。これについて宮内社長は「UULAはどちらかと言うと音楽とのハイブリッドサービスで、ネットフリックスとは違う。エイベックスとの関係を維持しつつ、ネットフリックスを中心に売っていきたい」と説明した。

携帯電話各社はスマホシフトなどにより1人当たりの売上高を増やすことに注力しており、動画サービス強化もその一環。20日にはKDDI(au)<9433.T>もテレビ朝日との提携を発表しており、今後、動画サービスをめぐる競争はますます激しくなりそうだ。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。